FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

融 十三段之舞 浅見慈一(代々木果迢会)

観世流 代々木能舞台 2019.09.14
 シテ 浅見慈一
  ワキ 宝生欣哉
  アイ 山本則重
   大鼓 佃良勝、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 梶谷英樹、笛 一噌幸弘

この会はメモを取っていませんし、ブログで何度も取り上げている「融」ですので、鑑賞記を省略しようかと思ったのですが、初めて足を踏み入れた代々木能舞台の不思議な空間の思い出を少しばかり書いてみようと思った次第です。

代々木果迢会という名を耳にしたのは、たぶん十五、六年前。銕仙会の青山能を観に行った時に、開場前で研修所の入口に並んでいると「私たちは、かちょうかいから来まして・・・」と高齢の女性たちから声をかけられた時が初めてだと思うのです。「かちょうかい? 何それ?」と思ったものの、そこは適当に流したように思います。その時は慈一さんの鵺を観ていたく感動し、ぜひまたこの方の能を観てみようと思った記憶があります。

さてその「かちょうかい」、慈一さんの父君である故浅見真高さんが名づけられたのだそうで、能には果てがないという世阿弥の言葉から「果ては迢(はる)か」の意味を持たせたとのこと。
代々木能舞台にて定期公演を年に四度ほど行っているのですが、平日の夕刻でもあり、これまでは拝見する機会がありませんでした。

今回、慈一さんの十三段という番組、仕事も都合がつきそうだったので、思い立って夕暮の代々木能舞台を訪れました。都会はまだまだ暑い時刻ですが、中庭には蝋燭がガラスの器に入れられて点々と置かれ、開演の頃にはそよ風も吹いてきて、なんとも典雅な雰囲気となりました。

以前、慈一さんの叔父さんにあたる浅見真州さんの融十三段を観ていますが、その時の印象があまりに素晴らしくて、その後、十三段之舞の小書を観る気になれないでいました。融の小書としては最高峰と思うのですが、それだけにがっかりしたくないというのがホンネです。今回は浅見慈一さんがなさるというので、それならばと思い立った訳で、さてどうなのだろうと思いつつ舞台を観ておりました。

前場「や、月こそ出でて候へ」の声に、月の出が感じられ期待が高まります。
そして後場の十三段之舞。ああ観に来て良かった。見所全体が舞に引き込まれているのが感じられます。「名残惜しの面影」と、立ち上がったワキとともに、見所も幕に入る融の大臣の姿を追いかけてしまった一番。帰り道でも興奮さめやらぬ方々の声を聞きながら、駅へと向かいました。

今年3月には、代々木能舞台の創建七十年を記念するとともに、故眞高さんの一周忌追善公演があります。慈一さんが安宅をされる様子。この日は都合あって観に行けませんが、盛会をお祈りしています。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2563-89ac5957

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。