FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

江野島のつづき

真ノ一声が奏されて、シテ漁翁とツレの漁夫が登場してきます。
ツレの桑田さんが無地熨斗目に緑の褸の水衣、右肩に釣竿を担って先に立ち、後から出たシテ中森貫太さんは小格子厚板着流しに薄茶の絓の水衣肩上げ、茶の腰蓑を着け、こちらも右肩に竿を担っています。
先に出たツレが一ノ松で振り返り、幕前に出たシテと向き合って一声。ツレ二の句、二人の謡いと続き、アシライで竿を下ろすと舞台へ進みます。ツレは左手、シテは右手に竿を持ち、舞台に入るときツレは後見に竿を渡して角へ出ます。シテは竿を持ったまま大宮の前に立ち、これに合わせるようにワキが立ち上がって言葉をかけます。

謡本にはアシライの後に、シテのサシ、シテツレの謡、下歌、上歌と続きますが、ここは省略されてワキの詞。
この浦の者かと問うワキに、シテはワキを向き、自分はこの浦の者で、毎日この島に上り山上山下岩窟社々を清めていると答えます。そしてワキにどこから来た者かと問い、ワキが勅命により島が湧出した子細を尋ね来たので子細を語るようにと求めると、正面に向き直って島湧出の様子を語り出します。

欽明天皇十三年、卯月十二日戌の刻から二十三日辰の刻まで震動が続くと、天女が雲上に現れ童子が左右に侍った。諸天、龍神など様々に現れて、雲上よりは盤石が下り、海底より塊砂が吹き出した・・・と語り始め、ツレと交互に謡を進めて、やがて海上に一つの島が現れて江野島と名づけられた子細を語ります。

ワキはこれを聞いて、これは明君の御代の證しとし、さらにこの島の鎮守はいかなる御神かと問います。シテは、諸神まします中にも龍の口の明神は天部と夫婦の神であり、崇めてもなおあまりあると答え、シテ、ワキ掛け合いから地謡へと続きます。
地謡でワキはワキ座へ、ツレは地謡前に着座し、「善神は一切の福を授け」でシテは角に出て左へと廻り、「天部の誓ひなるとかや 頼めなほ隔てなき 真如の玉も曇らじ」と謡う地謡に、常座からワキを見てサシ込、開キます。
ワキが、なお江野島にはめでたき子細があろうから、残さず語って欲しいと言い、シテは宮の前に下居すると、地謡のクリで肩上げを下ろし、扇を出して構えます。

ここから龍の口の明神の由来が語られるのですが、先の江野島湧出の子細だけでも相応の長さがあるため、前場がかなり長くなっています。
地謡のクリからシテのサシ、そしてクセへと続くあたりはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2565-65a3613c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。