FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島のつづき

次第の囃子で着流し僧姿のワキ、ワキツレが登場し次第を謡うと、屋島の浦にたどり着き塩屋に宿を借りようと言ってワキ座に着座します。
一声でシテ、ツレの出。ツレの坂口さんが段熨斗目に水衣、腰蓑を着け右肩に釣竿を担って先に立ち、シテは小格子厚板に絓の水衣、同じく右肩に釣竿を担って出ます。
型通りに謡った後、アシライで舞台に入りサシ、下歌、上歌と謡ってワキとの問答になります。

一夜の宿を貸す、貸さないの問答から、ワキ一行は塩屋に招じ入れられ、ワキの求めでシテが屋島の戦いの様子を語ります。
錣引きの話から地謡となり「磯の波 松風ばかりの音淋しくぞなりにける」と謡いおさめてロンギに。シテは肩上げを下ろし、何やらいわくありげな様子を見せると、修羅の時を待ち夢を覚ますなと、姿を消してしまいます。中入りは送リ笛なしで、シテ・ツレが幕に入りました。
シテが姿を消すと、ワキはアイに那須与一が扇の的を射たこと学うで候へと声をかけ、扇の的の故事を仕方に語るように促します。これを受けてアイの茂山逸平さんが正中に座し、那須語となりました。
語りの中身自体は、和泉流も大蔵流も大きく変わるものではありませんが、やはり演者の違いだけではない、流儀による所作の違いもいくつか気付いたところです。とはいえ流儀を問わず、この語が狂言方の大変重要な演目であることに違いはなく、大切にされていることを感じたところです。詳細は文章に起こすのが難しく割愛いたします。

語り終えてアイが下がると、ワキが先ほどの老人が夢を覚ますなと言ったことを繰り返して待謡。これを受けて一声の囃子で後シテ義経の霊が、袷法被肩上げに半切の武将姿で登場してきます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2571-e3e4284f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。