FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

張良さらにつづき

シテはすぐに巻物を渡そうとはせず、今一度心を見る、と沓を川に落とします。
地謡は履いていた沓を川に落としたと謡いますが、実際にはシテは目付柱の下を見て強く拍子を踏み、これに合わせて後見が沓を投げる形になっています。
ですが「あっ」と思ったら飛びすぎまして白州へ。こんなこともありますよね。


ワキはすぐに、さながら急流に揉まれる様で沓を取ろうとする型を示します。いわゆる流れ足の型ですね。


しかし沓を取ることが出来ずワキ座前に下がりますが、これを受けてツレの大蛇が龍神の姿で登場して来ます。早笛で龍神が登場するとなんだか血が騒ぐ感じがします。
小倉伸二郎さんのツレでしたがスッキリして場面が盛り上がる感じがします。


ツレは沓を取る型をしますが、なにぶん沓は白州に落ちてしまったため、最初からツレが持って出た様子。
この沓を取り戻そうとするワキが剣を抜いて、ツレに迫ります。このやり取りは見せ所。
ツレは剣の光に恐れをなして、沓を差し出し、ワキはこれを取ってシテの足下に置きます。黄石公に沓を履かせたという設定ですね。シテ黄石公はこれを認めて、張良に大事の巻物を与え、目出度しとなる次第です。


ワキが様々に所作をするという珍しい形の能で、観世小次郎信光の作と伝えられています。ワキが活躍する曲は他にも谷行などいくつかありますね。
こういう曲のシテというのは、逆に難しいのではないかと思いますが、昨日も書いたとおり渡邊さんのシテは重厚で、ワキとの対比が面白く、この曲のシテの意味を再認識した感じがしています。


則久さんのしっかりした演技、今後の一層の活躍が期待できますね。
(60分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/258-c85dde0b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。