FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羅生門さらにつづき

ワキの中入に続いて、頼光以下全員が幕に入ると、代わってアイ早打ちの登場。
括り袴に縞熨斗目、肩衣を肩脱ぎにし、右手に杖を持って「いそがしやいそがしや」と登場して常座に出、渡辺綱の身内に仕える者と名乗って前場の子細をあらためて語ります。
そして自分も羅生門に向かう綱に従おうと身ごしらえをしてやって来たと言いますが、誰かから声をかけられた様子を見せ、綱が一人で向かうので供はいらないと仰ったと伝えられた形になります。
ここまで来て惜しいことではあるが、その様なところに行けばきっと肝を消すともいうので、ここは帰ることにしよう。とはいえ(綱から)どうしたのかと問われたら、ここまで身ごしらえをしてやって来たが、供は不要といわれたので帰ったと申し上げてくれ、と誰かに告げるように言って退場します。

アイが下がると一畳台を大小前に出し、続いて紫の引廻しを懸けた小宮を出して、一畳台の右側いっぱいに据えます。すると一声の囃子。後ワキの出となります。

後ワキは鍬形の付いた黒頭に白鉢巻き、厚板に半切、法被を着て太刀を佩いての登場です。一ノ松にて後ワキの一セイ。かりそめの人の詞の争いから鬼神の姿を見るために出かけてきた様子を謡い地謡に。
「たけなる馬にうち乗って」の地謡の謡い出しで、一度幕前まで下がり「舎人をもつれず唯一騎 宿所を出でて二条大宮を」の謡に、ゆっくりと橋掛りを進みます。「南がしらに あゆませたり」でシテ柱近くまで進むと踵上げて下ろし一ノ松まで下がります。

続く地謡「春雨の 音もしきりに更くる夜の・・・」の繰り返す「音もしきりに」で向きを変えてゆっくりと舞台に進み、「九条おもてにうつて出て」で角に出「羅生門を見渡せば」と作り物を見やります。
「物凄まじく雨落ちて」と目付柱を見、「俄に吹き來る風の音に 駒も進まず髙嘶きし」で両手で手綱を取る型。「見ぶるいしてこそ立ったりけれ」の謡に常座に下がって足拍子を踏みます。
いよいよ羅生門の鬼の登場となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2580-c9ed6120

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。