FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大社さらにさらにつづき

シテ大己貴命が宮に戻ると早笛が奏されて龍神が登場します。
面は黒髭らしいのですが、赤頭に龍戴を載せ、赤地の半切に袷法被、打杖に金の小箱を持って橋掛りを進み、一ノ松で「そもそもこれは海龍王とは我が事なり」と名のり、毎年龍宮より黄金の箱に小龍をいれ神前に捧げると謡って、続く地謡で面を切り舞台へと進みます。
「波を拂い 潮を退け」と角で後ろを向き「汀に上り御箱を据ゑ置き」で台前で箱を置いて「神前を拝し渇仰せり」と角へ下がって腰を下ろします。
地謡は大ノリとなり「その時龍神御箱の蓋を」の謡に、龍神が立ち上がって台に寄り「忽ち開キ」と箱の蓋を上げると、箱の中から小型の龍戴が出てきます。「小龍を取り出し 乃ち神前に捧げ申し」で取り出した龍戴を箱に載せて台上、左側に置いて立ち上がり「海陸共に治まる御代の」と常座へ回り「げにありがたき恵かな」とサシ込み開キして舞働。
龍神は舞台を廻り、最後はワキ正で腰を下ろして逆杖の形です。

シテがゆったりと「四海安全に国治まり」と謡い、地謡も大ノリで「四海安全に国治まって 五穀成就 福寿円満に いよいよ国を守るべしと 木綿四手の数々」とゆったりと謡い続けます。
「神々とりどりに 御前を払い」で天女が立ち上がり、「神あげのお山に上らせ給へば」で正中から龍神の後ろを通って橋掛りへと進み退場します。
地謡が調子を早め「龍神平地に波浪を起こし」と謡うに合わせ、龍神は波を蹴立てるような足使いを見せて「逆巻く潮に引かれ行けば」の謡に幕に走り込みます。

地謡は調子を戻してゆっくりと締め「諸神は虚空に遍満しつゝ」でシテ大己貴命も立ち上がります。「げにあらななる神ハ社内」で正先へ出て左の袖、右の袖と巻き上げて常座へ。繰り返す「げにあらたなる神ハ社内」で袖を直して開キ、「龍神は海中に入りにけり」で左の袖を返して留拍子を踏み、終曲となりました。

なかなかに豪華で面白い一番でしたが、作り物も様々に出ますし(金の小箱は初めて見ました)、天女の舞、楽、舞働と舞事も多く、これは上演するのが大変な曲だろうなあというのが正直な印象です。そのあたりが稀曲とされる理由なのかも知れません。
(100分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2587-5f184993

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。