FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鐘の音 野村萬(宝生会秋の別會能)

和泉流 宝生能楽堂 2006.11.26
 シテ 野村萬、アド 野村祐丞


この「鐘の音」も割合良く演じられる狂言ですが、この前は一昨年に、同じ萬さんのシテで観ています。そのときのアドは野村与十郎、現在の万蔵さん。
あの時は亡くなった耕介さんが万蔵を継ぐことになっており、良介さんは久しく絶えていた分家の野村与十郎家を再興されたところでした。
その後の変化を思うといささか感慨深いものがあります。
今回は祐丞さんのアドでの鐘の音、さてどうなるか楽しみにしていました。


アドの主が登場し、成人した息子に黄金造りの太刀を熨斗つけに作ってやろうと言い、太郎冠者を呼び出します。
主は太郎冠者に、鎌倉へ行って金の値を聞いてこいと言いつけて笛座前に座ります。


太郎冠者がこの「金の値」を「鐘の音」と聞き違えたことから、騒動が始まります。
聞き違えをもとにした狂言は少なくありませんが、それぞれになかなか面白く、実際にもそうした喜劇が起こっていたのかも知れませんね。


さて言いつけられた太郎冠者は早速鎌倉に赴き、寿福寺、円覚寺、極楽寺、建長寺と感心しながら、寺々を回って鐘の音を聞き比べます。
この所作、鐘の音の表現がなかなか面白い。


まず寿福寺ということで目付柱で鐘を撞く所作をして「ジャンモーン」と音を表現します。ここでは「大抵の音じゃ(並の音という意味)」と言い、続いてシテ柱の辺りで円覚寺として「パァーン」と音を出して「薄い音」。
笛柱に回り極楽寺になりますが、ここではみだりに鐘を撞くなという高札を読み上げます。人が来ないのを良いことに鐘を撞きますが「ジャガジャガジャガ」と「破れ鐘の音」。
最後に建長寺としてワキ柱辺りで「コーンモーンモーン」と余韻を響かせて良い音だと感心します。
この独り言を言いながら鐘を撞いて歩く所作、鐘の音の見事な表現、まさに萬さんの芸の見せ所でした。


その後、太郎冠者は主に報告しようと、帰ってきます。
さてその後の騒ぎは明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/259-240603b8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。