FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

姨捨 近藤乾之助(宝生会秋の別會能)

宝生流 宝生能楽堂 2006.11.26
 シテ 近藤乾之助、ワキ 宝生閑
 アイ 野村万蔵
  大鼓 柿原崇志、小鼓 幸清次郎
  太鼓 観世元伯、笛 藤田大五郎


以前にも書きましたが老女物というのはいかにも能らしいジャンルでしょうね。
卒塔婆小町、鸚鵡小町、姨捨、檜垣、関寺小町の五曲は老女物として尊重されていますが、その中でも姨捨、檜垣、関寺小町の三曲は三老女物として特に尊重されています。
(これも以前に書いたとおり、金剛流では三老女物というと卒塔婆、鸚鵡、関寺の三小町物をいいますね)


三老女物の最初の曲として取り上げられるこの姨捨、金春や喜多では伯母捨と書きますが、信濃の国更科の姨捨山に残る棄老伝説を能に仕上げたものです。


姨捨山の話というと深沢七郎さんの楢山節考を思い出しますが、能では題材を姨捨の話に求めてはいるものの、姨捨という行為そのものをめぐるドラマは捨ててしまっていて、山姥にも通じる不思議な世界を展開しています。


その姨捨と山姥を続けて観ようという番組。
宝生では三老女のうち、なぜか檜垣を上演しないことにしており、姨捨も関寺も稀にしか上演されません。
関寺小町も前回上演されたのは百年以上も前のことで、実質的には姨捨が老女物の最高峰ということでしょうか。(来年9月に今井泰男さんが、その関寺小町をなさる由)
別會能らしい意欲的な番組ということですね。


ワキの宝生閑さんをはじめ、囃子方も重鎮揃いで深い趣の一番となりました。
舞台の進行は明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/261-0771e85d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。