FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

山姥 杖之型 登坂武雄(宝生会秋の別會能)

宝生流 宝生能楽堂 2006.11.26
 シテ 登坂武雄、ツレ 小倉健太郎
 ワキ 工藤和哉、アイ 野村祐丞
  大鼓 亀井実、小鼓 曽和正博
  太鼓 大江照夫、笛 松田弘之


今年、四度目の山姥。観世、金剛、金春、そして宝生と各流の山姥を観てきました。
続けてみるまで、さほど山姥という能が面白いとも思わなかったのですが、これはまた良くできた能の一つと思うようになりました。


山姥は一体何者なのか、姨捨の老女は間違いなく人間が昇華していったものでしょうけれども、山姥になると、もはやそれすらも分からない。ただ山に古くから存在する訳です。決して執心や怒りによって鬼になったという訳ではなく、人間を超えたものということなのでしょう。
しかもここにも月が出てきます。


この日は姨捨と続けての鑑賞。この二番を続けて観ることによって、一層深い世界が開けるかなあ、という期待があったのですが、それはちょっと欲張りすぎ。
実は姨捨の印象があまりに強烈だったのと、私、当日は久しぶりに体調を崩していて、山姥の途中から観ているのがいささかつらい状況になってしまったため、残念なことに山姥の印象がやや平板になってしまいました。
全体としては良い能だったと思うだけに残念です。観能にも健康管理が重要と思った次第。


さてこの日は杖之型の小書き付き。杖之型は宝生流と金剛流にある小書きです。
常の型では途中で鹿背杖(カセヅエ)を扇に持ち替え、クセを背を舞った後、再び扇を杖に持ち替えますが、この小書きでは杖を持ったままとなります。
さてどう展開したのか、この辺りは明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/264-bfb6b048

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。