FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

絵馬 武田孝史(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2006.12.16
 シテ 武田孝史、姥 澤田宏司
 ツレ 亀井雄二 東川尚史
 ワキ 高井松男、アイ 大藏千太郎
  大藏基誠 吉田信海
  大鼓 安福光雄、小鼓 森澤勇司
  太鼓 大川典良、笛 寺井宏明


二場物の脇能ですが、前シテが老人と姥という取り合わせで高砂のような雰囲気を持っている反面、後場ではシテの天照大神がツレ神々を伴って登場し、岩戸隠れの神話を再現するなど、にぎやかな構成になっています。
しかもこの日は間狂言が大藏流なので、これまたにぎやかな次第でした。


後見が一畳台に小宮をのせた作り物を持って登場し、大小前に据えます。この作り物、絵馬用に出来ている両開きの形式で、扉には絵馬を掛ける釘が打ってあります。
つづいてワキの勅使とワキツレの従者の登場になります。
伊勢神宮に派遣されたとの名宣リの後、道行を謡い、伊勢斎宮に到着します。


ワキがワキ座に着座すると、真ノ一声でシテの老人とツレの姥が登場してきます。
この辺りはまさに脇能らしい作りで、ゆったりとした宝生らしい謡が続きますが、ワキとシテ・ツレとの問答になると、絵馬をめぐっての話が展開します。


シテは白馬、ツレは黒馬の絵馬を持っていて、それぞれに自らの絵馬を掛けようと争いますが、さて今年からは二つとも掛けて万民楽しむ世となそうと、二人共に絵馬を掛け立ち舞う型の後、シテは正中に座して居グセになります。


シテが「忍ぶ今宵のあらはれて」と謡い、「我らは伊勢の二柱」と二人共にワキに向かい、「夜も明けゆかば内外にて。待ち得てまみえ申さん」と立ち上がって中入りになります。
シテは来序で中入りし、ツレも続いての退場です。


つづきは明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/276-0f21fb2b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad