能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

放下僧さらにつづき

シテ・ツレとワキの対面からは、芸尽くしから敵討ちへと展開するわけですが、まずシテ・ツレとワキとの問答になります。
まずはワキの問いに答えて、柱杖につけた団扇や、ツレの持った弓矢について言葉面白く説明をします。
これにつづく地謡に「はなさぬ矢にて射る時は」とあり、ここでツレはワキに向かって弓を引こうとしますがシテが押しとどめる形。


この際、捨てた弓矢が舞台から落ちてしまいまして、例によって後見が取りに来たのですが、正面に落ちたと思ったあたりに見つからず、一端退場。
再度登場し、一ノ松近くに落ちていたものを回収して、退場しました。
私はよく見ていなかったので、どこにいったものか見落としてしまったのですが、張良の沓なども舞台から落ちやすいですね。


この後、ワキとシテ、ツレの宗教問答になります。この問答自体も芸の内という扱いですね。なかなか面白いやり取りです。
そしてワキの「さて向上の一路はいかに」の問いに、ツレは「切つて三断と為す」と答えて刀に手をかけ緊張が走ります。ワキも笠と扇を落として身構えますが、望月の子方の「いざ討とう」と叫ぶところと似た形ですね。


この緊張はシテの取りなしでほぐれ、シテの語り舞い、クセに移ります。
さらにアイのすすめでシテは鞨鼓をつけ、舞いに入ります。
佐野さんの舞、なんとも安定感のある足捌きです。望月では子方が鞨鼓を舞いますし、花月など、よく少年が演じる曲で鞨鼓が舞われることが少なくないのですが、まさに「大人の鞨鼓」で面白く見せて頂きました。
鞨鼓を舞い上げると小歌。これは室町時代に流行った俗謡の小歌をそのまま取り込んだものと言われていて、放下僧と花月にありますが、独特の拍子当たりで私は好きな一節です。


アイは鞨鼓に入る前に退場してしまいますが、ワキもこの小歌のうちに「げにまこと」と謡うあたりで笠を残して切戸口から退場します。望月の観世流の形と同じですね。
そして残された笠を敵に見立てて、シテとツレが二人でこれを突き、シテが左手で笠をはね除けて敵討ちを果たしたという次第になります。
(65分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/285-db6c3dad

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad