FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

富士太鼓 小倉敏克(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2006.12.16
 シテ 小倉敏克、子方 佐野幹
 ワキ 宝生閑、アイ 大藏吉次郎
  大鼓 柿原光博、小鼓 大倉源次郎
  笛 一噌庸二


いやあ富士太鼓を観るのは本当に久しぶり。そんなに珍しい曲でもないのですが、前回は一体いつ観たことか、誰がシテだったのかもまるで思い出せません。


さて最初に作り物の鞨鼓台が運び出されます。これがこの曲の主題でもある「太鼓」という設定。たしかに括り付けられた鞨鼓は小さいものの、なんとなく雅楽の太鼓の雰囲気はでますね。


そして名宣リ笛でワキがアイの従者を従えて登場します。
ワキは萩原の院の臣下と名乗ります。萩原の院、花園天皇ですね。鎌倉末期の天皇で萩原仙洞に住まわれ、後に出家されたことから生前は萩原法皇と称されたと言われています。この花園天皇の次の天皇が後醍醐天皇。花園天皇は退位後、後の光厳天皇の養育に努められたと伝えられていますが、光厳天皇は北朝初代の天皇。まさに南北朝動乱のはじめの頃の方ということです。


さてこの富士太鼓では、浅間と富士という、まさに山の名前のような二人の楽人の争いというのが話の前提になっています。
実はこれについて、喜多流の粟谷明生さんがブログに興味深い話を書いておられます。


名宣リの後、ワキは常座で、宮中の太鼓の役に天王寺の楽人浅間が召されていたところ、住吉の楽人である富士が太鼓の役に志願して推参し、これを憎んだ浅間が富士を殺してしまったと語ります。
粟谷さんは、富士と浅間は太鼓の役を争うものの勝ったのは浅間。にも関わらず勝った浅間が負けた富士を討つのはなんとも妙な話だと、常々思っておられたとのこと。
それが、ある時アイの語りを聞いていて納得できたという話です。


さてそれでは、つづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/286-364e8017

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad