FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

悪坊 宮本昇(五雲会)

大藏流 宝生能楽堂 2006.12.16
 シテ 宮本昇
 アド 榎本元 大藏彌太郎


酔った男が無理に出家を道連れに宿屋に入り、大騒ぎの末に寝入ってしまいます。
機転を利かせた出家が、男を出家姿に変えて逃げてしまうと、酔いから覚めた男はやがて出家の志を立てて托鉢に出るという、不思議な話。


今昔物語に良く似た話があり、もともとは仏教の説話らしいのですが、よく知られた話のようです。この悪坊と、良く似た悪太郎という曲も、同じ話を典拠として作られているようですね。


実は昨年十二月の五雲会も、最後は悪坊と乱。
なんだか時間がスリップしてしまったような感を受けました。


さてまずはアドの出家が傘を持って登場します。西近江の者だが東近江に行くところという話。すると長刀を肩にした悪坊が酒に酔って小謡を謡いながら登場してきます。
「浜松の音はざざんざ」これは、当時ずいぶんと流行った小謡らしく「樋の酒」でも酔った太郎冠者が謡いますね。


シテ悪坊の宮本さんは大髭をつけ、酔った風情であっちへフラフラこっちへフラフラの登場。
先に出ていた出家の榎本さんを見つけると、声をかけ共をしたいといって無理に連れになってしまいます。
道々悪坊は長刀を振り回しては出家を脅し、大騒ぎの末に定宿へとやって来ます。
さてこのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/290-7f837b80

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。