FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

龍田さらにつづき

シテは夕暮れの龍田の峰を見上げ、またさえ返る川音を聞くと、宮めぐりを始めようと立って舞台を一巡し、実は自分は龍田姫であると名乗って、一畳台に据えられた宮の作り物に中入りします。


謡だけでつないでいきますが、紅葉の名所竜田川、さらに霜月となり木々も枯れた中に神木の紅葉の色と、いかにこの風情を謡の中に醸し出すか、面白いところです。


「お、高橋憲正さん!」
中入りしたシテは宮の作り物の中で装束を替えます。後見が宮の中でこの装束替えの着付けを行うわけですが、この日の後見は佐野萌さんと武田孝史さん。
ところで替の装束は切戸口から別途に風呂敷に包まれて持ち込まれてきます。これを携えてきたのが高橋憲正さん。正面やや右手の席を取っていたので、私の所から作り物の後に控えた憲正さんが良く見えます。ちょっと儲け。


さて中入りの後は、アイの所の者がワキの尋ねに答えて、龍田明神の謂われを語ります。
アイが語りを終えると、ワキが神前で通夜をします。
これを受けて、出端の囃子の後に、後シテが作り物の中で謡いだし、地謡が続いて謡う中に引廻しが外されて、シテの姿が現れてきます。


古より御鉾の守護神である瀧祭の神と、当社龍田明神は同体であると謡われ、クリ、サシ、クセと謡が進む中で、シテが作り物を出て舞い始めます。


古歌を引きつつ、紅葉の色を主に置いて、謡が展開していきます。
さらに時が移って「月も霜も白和幣」と深夜に及ぶ頃。謹上再拝とシテは神楽を舞い始めます。
派手さはありませんが、冬の夜の神楽を思わせる趣深い舞でした。神楽の舞上げの後は夜が明け始める頃となり、神は上がらせ給うと留めになります。
(75分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/303-ebf0213f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。