FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

熊野 本田光洋(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2007.01.21
 シテ 本田光洋、ツレ 本田布由樹
  ワキ 村瀬提
   小鼓 幸清次郎、大鼓 国川純
   笛 藤田朝太郎


今年は諸般の事情で一月は家を空けにくいため、観能はどうしようかなあと思っていたところでしたが、新春から本田光洋さんの熊野があるというで、これは外せないな、ということで金春会を選んだ次第。


昔から「熊野、松風に米の飯」と言われるくらい、熊野や松風は何度観ても飽きない、誰もが好きな曲と言われています。
確かに良くできた能で、筋立ての面白さ、謡の展開、舞の見どころなど、人気があるのもうなずける出来になっています。


どうして「熊野」と書いて「ゆや」と音読みするのか、よく分かりませんが、女性らしいたおやかな感じがするからでしょうか。
もっとも謡の詞章では「御名も同じ今熊野(みなもおなじいまぐまの)」と謡っていて、なんだ「くまの」さんじゃないの、と思うのですが、さて本当のところはどうなのか。
喜多流だけ「湯谷」と書きますが、この方が納得がいくかもしれませんね。


さて件の熊野ですが、遠江の国は池田の宿の長であったものを、平清盛の次男、宗盛が寵愛の末に都に久しく留め置いていました。
熊野は遠江に残した母を気遣って、しきりに暇乞いをしているのですが、宗盛は一向に許そうとしません。
これを発端として能が展開します。
つづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/319-24878417

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad