FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

熊野さらにつづき

車は花の下に着き、一同は車を降りた形で、シテは正面を向いて座り、ワキはワキ座へ着します。
さて花見の宴となるわけですが、クリ、サシ、クセと清水寺あたりの風物、花の盛りを謡いながらも、病気の母に思いを寄せての形を見せ、趣き深い場面。
クセは前半は座したまま、上げ羽で立って舞いだします。


扇で酒を酌む所作がありワキに酒を勧めると、ワキは一指し舞えとシテに命じ、中ノ舞に入ります。


古来、この熊野の中ノ舞は短めに舞うということのようで、三段ノ舞という小書きも各流にあります。とは言え、五段で舞うのが普通だった昔と違って、現在では中ノ舞も三段で舞うのが普通ですから、三段にしただけでは常と同じになってしまいます。
確か宝生の三段之舞では初段の上げ扇の後は常座に下がって下居、シオル型になっていたと思いますが、何かしら型の工夫があるようです。
観世の村雨留だと、急に雨が降ってきたと二段で舞い上げてしまいますが、熊野の心持ちから、とても舞を舞っているところではない、ということなのでしょうね。


この日は小書が付きませんでしたので、そうした変化はありませんでしたが、舞の後に扇を左手に差しだし、降り出した雨とともに散り来る花びらを受ける風情、これは趣深い型でした。さらにシテは短冊を出し、扇を筆にして和歌をしたためてワキに差し出します。
このときに膝行する小書きもありますが、いずれにしてもこの短冊ノ段も見せ場の一つ。
短冊を受け取ったワキは熊野に暇を許し、熊野はめでたく遠江へ向けて帰ることになるという次第。シテは逸る心で橋掛りへと進み、一ノ松で足拍子の後に舞台へ戻って常座で留めの拍子を踏みました。


たしかに何度見ても飽きませんねえ
(90分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

小書なしでも、上掛と下掛の熊野は演出が大分違いますよ。金春では、ツレは手紙を渡すとすぐに帰っちゃう。観世はお花見に同行するんでしょう?余談だけど、観世の朝長の太刀持ちは長時間大変です。その点、金春は女ツレも太刀持ちも連れず、前シテが一人で出てくる。金春の若手は難行苦行をしないで済むのです。(但し、八島・ヤシマでは中入りせず、後シテが終わるまで笛の上・カミに座っていて、後場の途中でツレの謡がある。)熊野は本来は下掛が文・フミを両吟、上掛がシテの独吟だったのですが、「隣の芝生は青い」で、観世に「読み継ぎの伝」が出来、金春は、ワキ方と節が合わないとか、「シテ中心主義」の傾向も有り、十年ほど前まではシテ独吟が圧倒的に多いでした。最近、ワキ方の理解も得て、両吟も時々採用されています。中ノ舞も観世は松風みたいにイロエ掛、金春は「中々の事。イヤーッ。オヒャーラー」と大鼓の頭・カシラで掛かります。

ところで

続けてのコメントありがとうございます。
おっしゃる通り、観世流のツレはお花見にも同行しますね。車に乗ったシテの後に立つ形です。

さてLi Zhitianさん。私、ある能楽師の方を想像しておりますが、いかがでしょうか?
たぶんあの方・・・と、勝手な想像をしながら、ちょっとワクワクしております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/321-6a96b9fc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。