FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

弱法師さらにつづき

さて日想観を拝むよう促されたシテは「東門を拝み南無阿弥陀仏」と笛柱の方を向いて膝をつき、これに対してワキが「こゝは西門石の鳥居よ」と咎めますが、シテは驚かず「あら愚や天王寺の西門を出でて極楽の東門に向ふは僻事か」と返し、掛け合いから地謡の「入り日の影も残るかや」でイロエに進みます。


他流ではシテ・ワキ掛け合いの謡から、シテの「あら面白や、我盲目とならざりし昔は・・・松風吹き永夜の清宵何のなすところぞや」のやや長い謡の後にイロヱとなりますが、金春ではこのシテの謡の手前にイロヱが入って「あら面白や」と胸杖をする型になっていますね。昨年観た忠度でも、カケリの位置が他流とは異なっていましたが、このあたりは金春流の独自の主張ということでしょうか。


さらにシテは盲目ながらも、かつて見慣れていた難波の景色を心眼で見ることが出来ると舞謡います。
「おう 見るぞとよ見るぞとよ」とシテが満目青山を心に見るところは、見所も一体に引き込まれる部分。シテの心情が伝わってくる感じを受けました。


しかしつづく謡で、盲目の悲しさで人に突き当たり、転び漂いと杖を捨てて安座の形。さらに杖を持って立ち上がったものの、後へ下がって正中に着座します。弱法師ではシテの杖のつき方が話題になりますが、この日の守屋さんはずっと胸に構えたままで、ついたのは「この盲目の悲しさ」のところだけでしたね。


さてワキはシテに近づいて、自らの名を明かし親子再会となるわけですが、シテは「親ながら恥かしとてあらぬ方へ逃げ行けば」と逃げようとします。
しかしワキが追いついてシテ俊徳丸の手を取り、シテはこれを受けて先に退場。ワキが留の拍子を踏んで終曲となります。
趣の深い曲でシテも好演だったと思いますが、いささか地謡が乱れた感じがして残念でした。


附祝言は一曲目が高砂だったので嵐山。なんで「千本」を「ちもと」って読むんだろう、などと思いつつ、今年最初の観能を終えました。
(60分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/324-b58b2970

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。