FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

観世会定期能を観に行く

本日は久しぶりの観世会。
暖冬のせいか気持ちまで緩んでしまって、スキーに出掛ける気にもならず、二月最初の観能は久しぶりの観世会にしてみました。


先月の金春会でも拝見した弱法師を梅若吉之丞さんが小書き付きでなさるし、昨年から気になっている能楽師 武田尚浩さんの二人静、さらに観世芳伸さんが現在七面をされるということで、これはちょっと面白そう・・・というところです。


朝が、いささか早く出かけなければならないので大変なのですが、天気も良いし気分も上々。
気持ちの良い観能になりました。


弱法師はついこの間見たばかりなだけに、流儀による違いもより鮮明な印象になりました。
これは良い能だよなあ、と常々思います。
学生時代にとあるところでこの弱法師を見た後に、たまたまご一緒した方が「この能を観るたびに泣けてしまって」とおっしゃっていましたが、本日は私も、不覚にもハンカチおじさんになる羽目に。
いや、なかなか良かったです。


二人静も良い能なんですよね。
シテとツレが同じ装束で序ノ舞を相舞するという、珍しい曲。
学生さんも、二人静の仕舞を自演会で上演したりする場合がありますが、なかなか揃いませんね。


現在七面はいささか珍しい曲ですが、案外面白く拝見しました。


いずれにしても鑑賞記は明日から少しずつ書いていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/325-9a79466b

【能】について

能能(のう)は、鎌倉時代後期から室町時代初期に完成を見た、日本独自の舞台芸術の一種である。現在では日本における代表的な伝統芸能として遇され、歌舞伎に並んで国際的に高い知名度を誇る。世界無形遺産。重要無形文化財。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quota

【能】について

能能(のう)は、鎌倉時代後期から室町時代初期に完成を見た、日本独自の舞台芸術の一種である。現在では日本における代表的な伝統芸能として遇され、歌舞伎に並んで国際的に高い知名度を誇る。世界無形遺産。重要無形文化財。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quota

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。