FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

弱法師つづき

ワキ、アイが着座すると、一声の囃子でシテの弱法師が登場してきますが、このシテの身の上をどうとらえるか曲調が大きく変わってきますね。
落魄の身となった俊徳丸の不幸を中心に据えていくのか、身は盲目の物乞いとなりながらも育ちの良い少年の朗らかさのようなものを出すのか、あるいは物狂い、遊狂といった面を強調していくのか。
解釈は様々でしょうけれども、それぞれに一理あります。


今回の吉之丞さんの弱法師は身の落魄を嘆く俊徳丸の辛さが表されていたように感じます。
一セイ、サシの謡は、先日の守屋さんは二ノ松まで出てきて謡いましたが、今回は三ノ松あたりでの謡。この位置関係も微妙に曲調に影響するような感じがします。
(一般に観世流は三ノ松あたりでの謡になるようですが・・・)


一セイ、サシの後、下歌、上歌と謡が続きますが、観世流ではこの上歌までシテが謡いきります。かなり長い謡で息が大変なところ。
この後半でゆっくりと歩みを進めて橋掛りを進みます。


守屋さんの弱法師はいかにもヨタヨタと盲目の風情を出した運びで、杖は突かずに胸に構えたままでした。一方、この日の吉之丞さんの運びは一足毎にゆっくりながらも、ヨタヨタした風ではなく、逆に杖を左右に突きながら進む形。
(私としてはこの方が見慣れた型ですが・・・)


シテ柱のところで「天王寺の石の鳥居か」と鳥居をくぐる形で常座に進みますが、守屋さんはシテ柱を杖で一叩きしたのに対して、吉之丞さんは柱に身を擦りつけるようにして、一度間を取り常座へと進みました。それぞれのねらいの違いが出ていたように思います。


梅花を巡ってのシテ・ワキの問答から地の上歌へとつながる一節では、花の香りに俊徳丸の世界が広がる感じを受けました。「や、花の香の聞こえ候」の一句は実に風情のある柔らかな言い回し。
この後、地謡の「花をさえ受くる施行の色々に」の打切で、ワキがまず弱法師に近づいて広げた袖に扇で施行する型、さらに笛座前に座していたアイも立ち上がって施行し、今度は狂言座の方に着します。


さてこのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/327-c28f3544

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。