FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

弱法師さらにつづき

今回の盲目之舞の小書では常のイロヱに替えて中ノ舞が舞われます。この小書は観世流のみ。他流でも舞入として破ガカリの中ノ舞が舞われる小書があるようなのですが、残念ながら観ておりません。
この盲目の弱法師が、どういった舞を舞うべきなのか、これはなかなかに難しいところと思います。イロヱなら舞台を一廻りする程度のことで次のクルイへ向けて俊徳丸の心中が徐々に昂ぶっていく様というところでしょうけれども、ある程度の長さのある舞になってしまうと、どういう心持ちで舞うのか、シテの技量をいっそう問われるところと思います。


まずは花を巡る謡からクリ、サシ、クセへと進みます。
シテは常座へ行き、クセの最後「皆成仏の姿なり」と後見座に後ろを向いてクツログ形になりますが、このシテの後ろ姿を見ながら、ワキが立って正面へ「あら不思議や」と述べる形。我が子と気付いた訳ですが、なかなかに趣のある場面。


そしてこの曲の中心ともなる日想観へと進みます。金春では「東門を拝み」と笛座の方を拝みましたが、今回は常座の少し手前あたりで、下居して揚幕の方を拝する型になっています。


さらにシテ・ワキの問答のうちに、シテの情が昂ぶって「入り日の影も舞ふとかや」の地の謡で橋掛りへ入り、中ノ舞へとつながっていきます。橋掛りから舞い始めますが、中ノ舞と言っても、杖を左手に持ち替えて突きながらの舞。いわゆる中ノ舞とは型も変わっていて、途中で舞上げてしまいます。
「いまハ入日や落ちかかるらん」と見込んだ型では、心眼に入日が映る様が感じ取れるようでした。「満目青山は心にあり」と扇を胸に納め「おう見るぞとよ」というあたりから、私の方は涙腺が緩んでしまいまして「貴賤の人に行き逢ひの」と角へ手をのべつつ進むあたりは、にわかハンカチおじさんになってしまいました。


父であると名のったワキとのやり取りは、地の謡にのせてシテとワキが所作を見せますが、ワキの宝生閑さんが慈愛と喜びを感じさせる立ち姿で、大変印象に残りました。


あまり時日を置かない間に、別な流儀で、かつ小書の無いもの、あるものと観てみると、それぞれの解釈や主張の違いが感じられるようで面白い見方だったか、と思っています。
(55分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/328-1ec5ad3e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。