FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

現在七面 観世芳伸(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2007.02.04
 シテ 観世芳伸
  ワキ 森常好、アイ 大藏教義
   大鼓 亀井広忠、小鼓 幸清次郎
   太鼓 小寺佐七、笛 松田弘之


観世芳伸さんの能は昨年夏の千手以来です。その際の鑑賞記にも書きましたが芳伸さんは宗家清和さんの弟で二男芳宏さんとは双子の兄弟。
その芳宏さんが名門山階家を継ぐことになり山階彌右衛門を襲名され、襲名披露の能会が催されます。
私は別口に出掛けるつもりなので拝見する予定はありませんが、女性能楽師の山階敬子さんがなんとか守っておられた山階家がこういう形でつながっていくのは、観世流にとっては好ましいことかもしれません。


さて話は戻ってこの現在七面。観世と金剛だけにある、言ってみれば稀曲の類なのですが、その割には観世流ではこのところ年に一、二度は必ずどこかで演能されているという感じで、心して観ようと思えば機会はありますね。


この曲が稀曲とされるのは、上演回数が少ないこと以上に、後シテが面を重ねて登場し蛇体から天女へと変身するという演出のため、前シテの里女を含めると三度面を替えるという唯一の曲だからという訳です。
大会も喜多流などでは後シテが面を二つ重ねて登場しますが、前シテは直面の山伏なので面は二つまでですね。


そんな訳で珍しい能ではあるのですが、まあ面白いかどうかは意見の分かれるところかも知れません。
いずれにしてもつづきは明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/335-d9a2c7da

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。