FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

現在七面さらにつづき

鉄輪の中入りをふと思わせるような、本体が蛇身であると明かしての中入りの後は、アイが登場し、これまでの子細をまとめて語ります。「心得候へ」とキメた後「ぴっかり」と雷光に驚いた様子を見せ、懐から数珠を出して「南無法蓮華経」と唱えて狂言座へ。


ワキ、ワキツレの「かかる不思議に逢うことも・・・」という待謡の後、早笛の囃子で後シテ龍女が登場します。
なにぶん、後ほど蛇身の姿から天冠を着けた天女へと替わるために、装束も二重に着込み、面も小面と般若を重ねてかけての登場ですので、さすがに動きにくそうな感じがします。


大ノリ地の謡いで、まずは自身の本来の姿を現した七面の池の蛇身が、日蓮上人の座している高座へまとう型として、ワキの座している一畳台へと寄ります。


ワキが「その時上人、御経を取り上げ」と巻物を取り出して広げつつ謡い、地が続けて謡う中に「たちまち蛇身を変じつつ」とイロヱになります。
ここで物着となって、般若の面を取り、装束を替えて天女の姿となるわけです。後見に加えさらに若手二人が登場し、小袖を広げて後見座での物着を隠す形。
小袖が下ろされると、龍の大きな作り物を戴いていた龍女の姿から、一転して天冠を着けた天女の姿。歌舞伎の早替わりのようには行きませんが、能としてはなかなかのインパクトがあります。隣の方も思わず「ほぉ」と声を漏らされていましたが・・・


手には御幣を持って、謹上再拝、と神楽が舞われます。
神楽を舞い上げると目出度く女人成仏を遂げ、虚空に上らせ給ひけり・・・と終曲になります。


日蓮上人を讃える的色彩の強い能ですが、珍しいものを見たというだけでなく、全編の構成としても案外面白い観能だったか、と思います。


大会の釈迦と釈迦下のように、はじめから重ねる目的で作られた面を重ねるのとは違って、普通の女面と般若を重ねるわけですから、おそらくシテはほとんど前が見えないままに舞う形になるのだろうと思います。
本当にお疲れ様でした
(85分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/337-ef0d207c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。