FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁 喜多六平太(第47回式能)

喜多流 国立能楽堂 2007.2.18
 翁 喜多六平太
  三番三 山本則俊、千歳 山本凛太郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 幸正昭
   脇鼓 後藤嘉津幸 船戸昭弘
   笛 松田弘之


以前にも翁の話は何度か書いていますし、鑑賞記でも浅見真州さんの弓矢立合を書いていますので初めてという訳ではありませんが、翁を観るとやはりそれなりの感動があって、また思うところをいくつか書いてみようと思います。


今回は喜多流、下掛りなので、千歳をシテ方ではなく狂言方が舞う形になります。大藏流の山本凛太郎クンがお披きだそうで千歳を舞いましたが、これは感動物でした。その話はまた後ほど・・・
さてこの千歳をシテ方とするのか、狂言方とするのかあたりは、翁の成立にからんでいるのでしょうけれども、鎌倉時代など本当に古い時代の記録には、児(チゴ)、翁面、三番猿楽とあるそうで、千歳はもともと翁に先立って舞う稚児の舞だったのかもしれません。
そうなると当然ながら直面となるわけで、それをシテ方が演じるのか狂言方が演じるのかは、後々の世になってそれぞれの流儀によって考え方が分かれていったのでしょけれども、上掛りと下掛りで分かれているところをみると、江戸初期以前の古い時代にこのあたりは整理されていたのかもしれません。


先ほどの鎌倉時代の記録には、児、翁面、三番猿楽に続いて冠者、父允と都合五役が記されているそうです。おそらくは冠者、父允は小書「父尉延命冠者」に登場する、延命冠者と父尉に相当するのでしょうから、この小書の形の方がもともとの翁に近いのかも知れません。


式三番は「千歳、翁、三番叟」と解釈されていますが、一説には「稚児と翁」、「三番猿楽」そして「冠者と父允」の三つを指すのではないかとも言われています。
三番叟は面をつけずに揉之段を舞った後に、さらに面をつけて鈴之段を舞うという二部構成になっているので、これも一組と考えると、若者と老人が三組ということになりますね。
つづきを明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/340-97394302

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。