FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

口真似のつづき

まず登場したアドの主人月崎さんが酒の相手を求める旨を述べて、シテを呼び出し相手を探してこいと命じます。
シテの万之介さん、大分お歳をめされた風貌になってきましたが、そこがまた妙に飄々とした感じになってきて、味のある雰囲気ではあります。


誰か探してこいと言われて出掛けた太郎冠者、はてと考えた末に「上の町のヒロハル殿」を呼びに行くことにします。狂言では役名が決まっていない登場人物に呼び掛けたり、その人物を話題にする場合に本名を使いますが、この場合もアドの深田さんのお名前ですね。「そうかヒロハルさんか」と妙に納得したりして・・・


さて主人は太郎冠者の連れてきた男を見て、あれは大の酔狂人、酒癖の悪さのために仲間はずれになっている男だと、冠者を叱ります。
叱られた太郎冠者は男を帰そうとしますが、さてそうも行くまいと主人は冠者を止め、仕方がないので男を座敷に通し、冠者には以後は自分の言うとおりに真似をせよと命じます。
この自分の言うとおりに真似をするようにというのが、この曲のテーマですね。
言われた太郎冠者は、面白くなかったのか、主人の口真似を嫌というほどそのままに行います。


主人が太郎冠者に「杯を出せ」と言えば、そのままに太郎冠者も男に「杯を出せ」と言います。驚いた主人が「やい、杯を出せとはおのれがことじゃ」と太郎冠者を叱ると、冠者も男を「やい、杯を出せとはおのれがことじゃ」と全く同じに叱る始末。


主人が太郎冠者を叩いて叱れば、冠者も男を叩いて叱る。
とうとう最後には、主人が怒って太郎冠者を引き回して突き倒し、男に「それにゆるりとござれ、おっつけお料理を申しつけましょう」と言って退場してしまいますが、なんと太郎冠者も男を引き回して突き倒し、そのうえで「それにゆるりとござれ、おっつけお料理を申しつけましょう」と言って退場します。


分かっていても面白い狂言の一つですね
(15分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/356-404db27a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。