FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城(大和舞)本田光洋(第47回式能)

金春流 国立能楽堂 2007.2.18
 シテ 本田光洋 ワキ 工藤和哉
  ワキツレ 高井松男 梅村昌功
  アイ 善竹十郎
   大鼓 亀井実、小鼓 亀井俊一
   太鼓 金春惣右衛門、笛 藤田六郎兵衛


葛城(カズラキ)は観世流では四番目物として扱いますが、もともと太鼓入り序ノ舞を舞う曲でもあり三番目物として扱う流儀もあります。
というわけで金春では三番目物ということなんでしょうね。ただし今回は大和舞の小書が付いているため、太鼓入り序ノ舞ではなく神楽が舞われました。それでも三番目?かなあ・・・


何はともあれ、昨年の鑑賞ですっかり疲れてしまった式能に、また今年も行ってみようと思い立ったきっかけの一つがこの本田先生の葛城。ここ数年間ですっかり本田先生の能に魅せられております。


さて葛城の神といえば一言主で男神です。
国津神で賀茂氏がその祭祀を執り行っていたとか。
役行者が葛城山から金峯山へ岩橋を架けようとした時に、前鬼や後鬼はよく働いたものの、一言主は顔が醜いから見られたくないという理由で昼間は働かなかったために、怒った役行者が蔦葛で縛って谷底へ落としたという伝説があります。


なぜにこの男神を女神に変えて登場させたのか、このあたり不思議なところですが、絵馬の鑑賞記でも書いたとおり、男神を女神に、女神を男神にといった変化は、能ではそれほど珍しいことではありませんね。


割と好まれる曲のようで、上演回数も多い方ではないでしょうか。
曲の流れは明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/357-c94dfc3c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。