FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城さらにつづき

アイ所の者が呼ばれ、岩橋伝説を語り、さらなる供養を勧めて退場します。
善竹十郎さんの間語り。山本家の芸などを観ると、本狂言でも割合に真面目なというか様式的な発声をされるので、語り間との落差が少ないのですが、大藏家、善竹家の皆さんだと同じ大藏流でも、本狂言では写実的な雰囲気、間狂言は様式的な雰囲気で、落差が大きいように感じます。


続いてワキ、ワキツレが夜を徹して読経するうちに、出端で後シテの出。


葛城は大和舞の小書付きで演じられることが多いように思います。この小書は観世、宝生、金春の三流にあありますが、少しずつ違いもあるようで、観世流では小書が付くことによって雪山の作り物を大小前に出し、装束も常とは替えますが、金春では作り物は出しませんね。


装束も観世の大和舞では天冠に蔦紅葉をからませて、緋の大口に白の舞衣といった形で出ますが、この日の本田先生は同様の天冠に若紫の色大口、浅葱の舞衣、大変綺麗な装束です。


シテはワキとの掛け合いの中で不動明王に縛められて「蔦葛の這いまとはるる」身を示し、されに岩橋を巡る謡から神楽へと移ります。
これ、実は私は前々から疑問なのですが、謡では「大和舞いざや奏でん」として太鼓入り序ノ舞に入るのが常の型。
そうなんです。常の序ノ舞を舞うときに「大和舞」と言ってるんですよね。


それだというのに、さらに大和舞の小書をつけるとなぜに神楽になってしまうのうか、どうも解せません。
ま、個人的には神楽が好きなので悪くはありませんが・・・
神楽は御幣を持たず扇を持ったままでの舞でしたので、いささか感じが変わります。笛の譜は直りを吹かず最後まで神楽の形でした。


舞上げた後は、ノリ地の謡に合わせて優雅に舞い、葛城の夜の岩戸にぞ入り給ふ、と留めになります。
(75分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/359-a250550d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。