FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊寛 小倉敏克(第47回式能)

宝生流 国立能楽堂 2007.2.18
 シテ 小倉敏克、ツレ 辰巳満次郎 小倉健太郎
  ワキ 森常好、アイ 野村万蔵
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 北村治
   笛 一噌仙幸


昨日は宝生会を観てきましたが、延々と時間のかかっているこの式能の鑑賞記も、ようやく四番目、宝生流の俊寛までたどり着きました。喜多流では鬼界島ですね。
法勝寺の執行俊寛僧都がシテの曲ですが、俊寛は平家物語でご存知のとおり、鹿ノ谷の山荘で平家を滅ぼそうと陰謀を企てていたものの、ことが露見して平判官康頼・丹波の少将成経とともに鬼界島に流されてしまいます。
これが発端。


ところが清盛の娘、高倉天皇の中宮徳子が懐妊したことにより、この御産の御祈りのために恩赦があり、康頼と成経は許されて都へ帰ることになるのですが、その赦免状に俊寛の名前はありませんでした。


この一連の俊寛を巡る話を能に劇化したのがこの俊寛という能です。
どうして三人のうちで俊寛だけが許されなかったのか、平家物語を読んでもあまり合理的な説明にはなっていない感じなのですが、俊寛から見れば極めて理不尽な話であろうだけに観ているものの心を打つ部分があり、能だけでなく歌舞伎でも好んで演じられる演目になっています。


実は私、いくつか弱い能がありまして、この俊寛もその一つ。まず「俊寛」というだけで気持ちが盛り上がってしまう感じです。ついつい泣けちまうんですよねぇ・・・そんなわけでいささかテンション高く観能したもの。
そうそう、地謡は宝生会や五雲会でお馴染みの若手の皆さんも多々ご出演。後列手前は以前このブログにもコメント頂いた高橋亘さん。なかなかお能を拝見する機会が無くて残念です。前列奥に橋憲正さん、お、ヘアースタイルを変えたようですね。
能の展開は明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/363-39f2b123

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。