FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

寺井さんの巴つづき

問いかけられたシテは、行教和尚が宇佐八幡に詣でた際に詠んだ歌「何事のおはしますとは知らねども。忝さに涙こぼるゝ」を引いて返答します。有難涙を流すという意味でしょうね。
シテの登場でサシの謡のままにシオル型となりましたが、金春の山井さんのときは、サシの謡は橋掛りで謡い、さらに舞台に入った後に、常座から三、四足進んで下居。合掌して神社に参詣し「昔のことの思い出でられ候」とシオル型でした。
下掛りではこの形になっているようなのですが、涙を流す意味が解りやすいものの、いささか意味合いが違ってきて複雑になりますね。


さらにシテはワキに対して何処の国の者かと尋ねます。
ワキは木曾の国の者と答えますが、木曾の国の者ならば粟津原の神の名を知っているべきに、と木曾義仲がまつられた社殿に参詣するように勧めます。


ワキは「不思議やさては義仲の・・・」と謡いながら数珠を取り上げ「神前に向かい手を合わせ」と合掌。地謡がこれを受けての謡のうちに、シテは常座から正中へ出て下居。
「さるほどに暮れて行く日も山の端に」と目付柱の方に向かい、面を上げてさらに幕の方を遠く眺める風から「入相の鐘の音の」と少し面を伏せて鐘の音を聞く心。
「いずれも物凄き」と立ちあがり「我も亡者の来たりたり」と自ら亡霊であることを明かしての中入りとなります。
なかなかに趣のある型附けです。


中入りの後は間狂言が登場しますが、アイは神社に参詣にきた里人という設定。
いわゆる語りアイですが吉住さんの歯切れの良い語り。
吉住さんは本狂言よりもアイでお見かけすることの方が多いような気もしますが、好感持てるアイです。
この地での木曾義仲と巴との物語を語った後に、ワキ僧に弔いを勧めてアイは切り戸口から退場します。


ワキ、ワキツレの待謡から後シテの出。
明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/373-f12625f0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。