FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

熊野 読次之伝・村雨留 梅若六郎(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2007.03.04
 シテ 梅若六郎、ツレ 木原康之
  ワキ 殿田謙吉
   大鼓 柿原崇志、小鼓 亀井俊一
   笛 一噌庸二


またまた熊野。1月に観た本田光洋さんの熊野の記憶がまだ鮮明ですが、この度は梅若六郎さん。読次之伝と村雨留の小書がついています。


読次之伝というのは文ノ段の小書。
登場してきたシテ熊野はツレから受け取った手紙を黙読した後、舞台に入り、ワキ宗盛に面談を求めて手紙を見せます。そしてこの母からの手紙を読むわけですが、一月の金春会の鑑賞記に書いたとおり、この文は上掛りではシテの独吟。一方、下掛りではワキが二句ほどを読んで、その後はシテとワキの連吟になります。
これが読次之伝の小書がつくと、観世でも下掛りと似た形で連吟、あるいは交互に読む形などになるというもの。


また村雨留の小書がつくと、中ノ舞を舞っている途中で村雨に花が散るのに気付いて舞をやめてしまう、という演出になりますがこれはなかなかに趣ある演出です。
今回は六郎さんのシテですし、ついつい過剰に期待してしまうのですが、期待に違わず・・・の能でした。


ツレの木原さんは初めて拝見しましたが、ツレらしいツレ振りというか声を高めに取りシテを引き立たせる感じでした。
明日は曲の展開に沿ってつづきを

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/378-e8ad343c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。