FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤戸さらにつづき

なにやら故ありげなシテの姿を不審に思ったワキがその理由を問います。
シテは我が子を波に沈めただろうと問い、ワキの盛綱は一度は突っぱねますが、シテの重ねての詰問に、若い男を殺したことを認め、その様を語ります。
この「語」はワキの聞かせどころ。


シテは語を聞き、ワキに死骸を隠した場所を問います。
このやり取りからクセにつながり、前半はジッとこらえて居グセの形ですが、上げ端を謡うと一度腰を浮かしてモロシオリ「とてもの憂き身なるものを」とワキをを見上げると、すっと立ち上がり「亡き子と同じ道になして・・・」と激情のままにワキに詰め寄る見せ場。


しかし止められて大小前まで退り、再びモロシオリの型。深い思いが込められた感じでした。
老母を家に帰そうとアイを呼び、狂言オクリ込みの中入りとなります。アイの万蔵さんが声をかけながら家に送る形ですが、シテはモロシオリから立ち上がる際にゆっくりとワキを見込みます。思いが残る感じです。


中入りは狂言オクリ込。シテを幕まで介添えし、幕に入ってしまうと舞台に戻って管弦講の触れをします。


さてワキは法要を営むこととして、ワキツレ共々待謡でこの由を謡います。
ワキが座に戻り一声の囃子で後シテの出。
ここは下掛りだと太鼓が入り出端になるらしいのですが、そうなると随分と感じが違ってこようかと思いますね。


後シテは腰簑を着けた漁師の姿に杖をついて登場します。
「御弔いは有り難けれども恨みは尽きぬ」と恨みのほどを述べ、地謡によって自らの殺された有様を仕方話に見せる形になります。


謡では「成仏得脱の身となりぬ。成仏の身となりぬ」と最後には弔いの功徳によって成仏を得たと謡いますが、なぜか常座で手に持った杖を捨てるように前方に放し、モロシオリしてから留めの拍子を踏みました。
うーん、この最後の型は深い意味がありそうですねえ・・・
(75分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/396-37ffa252

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。