FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月のつづき

大藏千太郎さんのアイ、いつもよりも一段力の入った感じ。花月のアイはやはり常のアイとはいささか感じが違いますね。


狂言に呼び出されるようにしてシテが登場してきますが、花月は喝食ということで少年の設定です。
若い能楽師が演じる場合、直面・・・面をつけずに演じることも少なくありません。


この日は常の形ですので、喝食の面をつけ、左手に弓、右手には矢を持ち、水衣を肩上げにし色大口に烏帽子姿で登場。
登場してくると自らの名前「花月」の由来を述べます。
この花月の由来、月は常住としても、花(くゎ)は、春は花、夏は瓜、秋は果、冬は火、と数え上げますが、これも芸の一つ。この後、小歌、弓ノ段、曲舞、鞨鼓などなど、芸尽くしが続きます。


登場したシテとアイの掛け合いも、上掛りと下掛りでは若干異なります。そしてこれに続いて花月前半のハイライト小歌になります。
「来し方より、今の世までも絶えせぬものハ、恋と云へる曲者」という謡ですが、これはどうやら当時の流行歌だったらしく、節使いも拍子も、能の謡としては破格です。
この小歌、以前にも書いたとおり観世流では「来し方より」の一句をシテが謡い、その後を地謡が続けますが、下掛りでは「来し方より」の一句をアイが謡うようで、喜多でもそうでしたが、この日も千太郎さんがこの一句を謡って地謡に。


金剛の能はあまり観る機会が多くないのですが、地頭の力というのを感じることが少なくありません。
この花月は宇高通成さんが地頭。まず地取り・・・最初に登場したワキなどの謡の後に、その句を引き取って地謡が繰り返すことを言いますが、この地取りでもう「上手い・・・」と引き込まれてしまいました。
この小歌に至っては何をか言わんやであります。
つづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/402-b1b9d428

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。