FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月さらにつづき

小歌は節回しも印象的ですし、アイが扇を広げて口に当てシテが後から右手をアイの背に回しそっと肩を抱く風情でともに舞台を巡るという、いささか怪しい場面。
小歌の終わりに「恋こそ寝られぬ」の一句で、シテはアイを目付柱の方に放します。
放されたアイは目付柱に向かい「これなる花には目がある。いや目かと思えば鶯・・・」と独り言。


鶯が花を散らすと一騒ぎして、アイはシテに持っている弓矢で鶯を射てほしいと告げます。
ここから弓ノ段。弓矢を持って舞い、さらに矢をつがえて弓を引き絞ります。弓ノ段の終わりは「殺生戒をば破るまじ」と大小前に座して弓矢を捨てました。喜多の粟谷さんのときは弓矢を手渡した形でしたね。


シテはさらに清水寺の謂われを謡う曲舞に進みます。この花月のクセは仕舞でも良く演じられるのでお馴染みです。


さて曲舞の後、ワキは、花月をよくよく見れば我が子と気付いたと述べます。
そしてアイの所望によって鞨鼓へと移ります。物着からシテの謡を地謡が引き取り鞨鼓。さらに鞨鼓を舞上げると山廻りの謡に合わせての舞になります。
以前にも書きましたが、私はこの謡が好きでして、筑紫の国彦山に登り七つの歳に天狗に掠われてから、讃岐の松山、雪の白峯。伯耆の大山から「丹後丹波の境なる鬼ヶ城」へと、次々に山々が読み込まれています。


最後にシテは撥を捨て、扇に持ち替えて父とともに仏道の修行に「出づるぞ嬉しかりける」と喜びを示して留めの拍子を踏みます。
なんと言っても地謡、地頭の力量を感じた一曲でしたが、熊谷さんも大柄なお体が不思議と舞に合って面白く拝見。謡も良かったですね。
(50分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/403-a129f8ee

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。