FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船弁慶 白波之伝 金剛永謹(東京金剛会)

金剛流 国立能楽堂 2007.3.17
 シテ 金剛永謹、子方 加藤愛花
  ワキ 高井松男、アイ 大藏吉次郎
   大鼓 安福建雄、小鼓 幸清次郎
   太鼓 小寺佐七、笛 一噌庸二


この日のチケットは当日取り置きということにしてしまったため番組の詳細がわからず、白波之伝の小書が付いているのに途中で気付きました。
この小書は観世流の重前後之替と似ている感じですが、どこがどうなるのかは曲の進行にあわせて追々書いていきたいと思います。


まず子方の義経とワキの弁慶、ワキツレの郎等が次第の囃子で登場します。頼朝と不和になったため西国におもむくこととして、津の国の「大物の浦」に着いたと謡います。


午前中の研修能とワキ、ワキツレが入れ替わって、高井松男さんの弁慶に梅村さんと御厨さんの郎等。
子方はワキ座に置かれた床几に腰を下ろして物語がはじまります。


大物浦に着いた一行は、所の人を呼んで舟を頼むとしてアイを呼び出しますが、この日は間狂言はここでは出て来ず、子方が床几に腰を下ろすと、すかさず弁慶が常座から橋掛りを見込んで、静御前がついてくるのを確認するという形になりました。
ワキとアイの問答が飛んだ形ですが、なにぶん金剛流で船弁慶を観るのは初めてなので、これが常の形なのか、小書が付いたからなのか、残念ながらわかりません。
が、狂言とのやり取りがカットされた分だけ、物語の展開が速い感じになりますね。


ワキ弁慶は子方の義経に向かい、静がついてくるので、ここから帰すべきではないかと述べます。義経の了解を得て、弁慶は橋掛りを進み、幕の内を静御前の宿と見立てて声をかけます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/407-93a28feb

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。