FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船弁慶さらにつづき

幕までシテを送ったアイは戻ってくると常座で短い独白をし、静を宿に送り届けたとワキに報告。
これを受けてワキが船を出すように求めます。アイは幕に走り込んで船の作り物を持って走り出、ワキ座前に船を据えます。


一行は船出しますが、風が出て波が寄せて来る次第。アイは肩を脱ぎ波頭という急な調子の囃子に合わせて懸命に漕ぎます。
しかし風向き悪く、ワキが橋掛りを見込んで「あら不思議や海上を見れば」と平家一門の霊が浮かび出たことを示します。


常の形ではここで早笛の囃子になりますが、白波之伝の小書により、地謡のうちに幕が上げられ摺箔に白の法被、黒頭に鍬形をつけた白式の形でシテが姿を現し、平知盛の幽霊と名のります。
各流の替の型では、ここで半幕にしてシテの下半身のみを見せ、名のりの後に幕を下ろして早笛で登場する形もありますが、白波之伝では一度は幕から出て幕前で名のって形をキメ、下がって幕に入り、あらためて早笛の囃子で登場してくる形ですね。


舞台に進み出た後シテは、手に長刀を持ち、義経一行を海に沈めようと、波を蹴上げ、長刀を扱いながら舞働へと続きます。
波を蹴立てる足を何度か見せ、型も特殊になります。何度も飛返リ・・・金剛では「飛回り臥す」型でしょうか、長刀を持ったまま飛ぶ型も見せます。


舞働の後に長刀で子方と切り結んだ後、攻め立てられた形で橋掛りへと下がり三ノ松から幕前まで逃げる形。と、ここで長刀を落とし(すかさず幕間から後見が長刀を引き取りましたが)、太刀を抜いて再び橋掛りからワキ座の子方のところまで、攻め進んでくる形です。
しかし子方との斬り合い、さらにワキが数珠を揉んでの応戦に、さしもの力も弱り、太刀を首かせにしてクルクルと小廻りに、舞台から橋掛り、二ノ松あたりまで後退し、ここで義経一行を見込むと、そのまま後ろ向きにしさって幕に入りました。


国立能楽堂お長い橋掛りを最大限に使った活劇で、さすが金剛流ならではの感があります。大変面白い能を拝見しました。
(85分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/409-73093046

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。