FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

嵐山のつづき

舞台はまず後見が桜立木を持って登場し、正先に据えるところから始まります。
続いて真ノ次第でワキの勅使とワキツレ従者の一行が登場します。最近、何度か書いてますが、このところ宝生閑さんのワキを観ていて「上手いなあ」としみじみ思います。この日も幕を出て橋掛りを進んでくるだけで格の違いを感じました。


次第の謡「吉野の花の種取りし嵐の山に急がん」は、吉野の千本の桜は名花であるものの都から遠く行幸もかなわないので、嵐山にその桜を移しおかれたという話を謡ったもの。ワキの一行はこの嵐山の桜を見に出掛けてきたわけです。
次第、道行と、サクサクと運びの速い謡で小気味よい感じです。


さてワキ一行が花を眺めていると、前シテの尉と前ツレの姥が登場してきます。二人揃って杉箒を持って、ここだけみると高砂の出と良く似ています。
橋掛りで向かい合って一声を謡い、二ノ句を謡って舞台に入ってくる形も同じですね。


舞台にはいるとシテは常座に、ツレは正中に立ってサシ、下歌、上歌と謡い嵐山の春の気色を愛でる風。
これに対してワキが何者かと問うて問答となります。


シテは嵐山の花守と答え、嵐山の桜は神木であり、木守勝手の神々がこの花を守っている。その神慮のゆえに嵐の山の名にもかかわらず、風にも花が散らぬ通りを述べます。
下歌に「風にも勝手木守とて夫婦の神は我ぞかし」とあって、この尉と姥が木守、勝手の両明神であることが明かされます。


さらにこれに続く中入り前の上歌「笙の岩屋の松風は、実相の花盛り・・・」は独吟にも良く謡われますが、なかなか趣ある謡で、私は好きな部分です。
この謡の中に、雲に乗って南の方へ姿を消したと、中入りになります。
来序でシテ、ツレが姿を消すと、代わってアイの末社の神が登場してきます。


末社の神は立ちシャベリですが、則孝さんの歯切れの良いシャベリ。さらに三段之舞を舞っていよいよ目出度い気分を盛り上げます。
さてそのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/413-7d4987db

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。