FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

嵐山さらにつづき

後ツレの出の囃子は下り端。渡リ拍子の地謡「三吉野の、三吉野の」は、猩々の「老いせぬや、老いせぬや」と同じリズムですが、この謡の間に橋掛りから舞台へと進みます。


木守、勝手の両神は若き男女の姿で登場してきます。今回はツレとしての登場ですが、子方を出す場合もあります。昨年の閑能会では、かの関根祥丸クンと観世智顕クンの二人が子守、勝手を勤めました。
そうなんです。なぜか観世流では木守ではなく子守と書きますね。読みはいずれも「コモリ」ですが、神様の名前は木守になっていたと思います。
しかも観世流では子守は男神、勝手が女神ですが、宝生流では木守が女神で勝手が男神ですね。たしか喜多流も観世と同じだったかと思いますが、「子守」なら女神の方が相応しいかも・・・などと思ってみたり。


さて二人は登場した際に桜の枝を持っていますが、これを扇に持ち替え、幕を見込んで招キ扇をし天女ノ舞を舞い始めます。観世では中ノ舞を舞いますが、このあたりもちょっと違いますね。
招キ扇は蔵王権現を呼ぶという象徴ですかね。舞の終わりは大ノリの地謡になり「蔵王権現の来現かや」と雲扇の型をして、シテを迎える形となります。


早笛の囃子でシテが登場してきます。
普通、早笛で登場した後シテは舞働キを舞いますが、なぜかこの嵐山では舞働キを舞わず、地の謡に乗って舞い、留める形になります。
観世流だと、後ツレの舞にしてももう少し派手な印象がありますし、早笛での後シテの登場も豪快な感じ。舞働キを舞わない分だけ逆に動きが派手な印象ですが、宝生だと全体に地味な(と言うと言葉が悪いかもしれませんが)印象。豪快さよりも格の高さが強調されているような印象です。
最後の「光も輝く千本の桜の栄ゆく春こそ久けれ」は附祝言でも、割と良く謡われますね。


ところでこの日のシテ高橋章さんは宝生流を代表する役者のお一人。これまでも何度か拝見していますが、味わい深い能をされます。
が、この日ふと気付いたのは、以前このブログにコメントをいただいた高橋亘さん(章さんのご子息ですが)不思議な声というか魅力ある謡というお話を書いたことがあるのですが、この声というか謡方というか、お父様と大変良く似てらっしゃるのだと、あらためて認識した次第です。こうして芸は伝承されていくんだなあ・・・としみじみ思いました。
(75分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/414-dc5697fd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。