FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

須磨源氏さらにつづき

中入りで狂言の間語り。遠藤さんの語りですが、やはり全体の雰囲気に沿ったゆったりとした語り。この中で光源氏の須磨での行跡がもう一度整理され、さて先ほどの老人は、その光源氏その人が仮に人間に現じて興範と言葉を交わしたのだ、と明らかにされます。


さてはさらなる奇特を拝もうと、興範の一行はこの地にて月の出を待ちます。
このワキ、ワキツレの待謡を受けて、出端の囃子で後シテ光源氏が登場します。


指貫に単狩衣、初冠に面は中将。老懸(おいかけ)をつけた形です。観世流の装束付けには老懸の記載はありませんし、この間の関根祥人さんの際にもつけていませんでしたが、ちょっと印象が変わりますね。
老懸というのは馬の毛をブラシのように束ねて扇形に開いた飾りで、用途も起源も良くわからないようなのですが、武官のみが冠の紐につけます。雛人形の下段に武官の人形がありますので御覧になると気付かれると思います。
須磨に赴く前の源氏はたしか大将に昇進しているはずですが、武官ですからその象徴として老懸を着けるというのも意味があるということでしょうね。
もっともそれなら冠の嬰は巻嬰であるべきなのでしょうけれど、そこは様式的な能装束のことですから、有職故実に縛られるものでもないということでしょうか。


喜多流の粟谷明生さんが、粟谷家のサイトで須磨源氏を演じられたときに冠鬘を着けた話を書いておられます。
融やこの須磨源氏など貴人の後シテは、各流とも面をつけて初冠をかぶるだけの形が基本ですが、これだと演者の耳や髪が見えてしまいます。
粟谷さんとしてはこれにどうにも違和感があり、冠鬘を着けたということのようです。


融でも黒垂を着けてみたり色々と工夫される場合がありますが、今回の老懸は演者の生の部分を隠すという意味でも一定の効果はあったように感じます。いつぞや融を観ていて、床屋に行ってきてばかりと思しき演者の髪ばかりが気になって、全く集中できなかったこともありますし・・・


さて先日の関根さんの須磨源氏では、後シテの出から流れるように早舞へ進み、時間の経過を忘れてしまうようでしたが、この日は宝生らしいと言えば良いのか、しっとりとした雰囲気があり、また印象の違った光源氏を観た思いです。
(75分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/423-5f5467ce

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。