FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

白田村のつづき

ワキの一行が桜を眺めつつ、さて当寺の由来などを尋ねようと誰か訪れるのを待っていると、前シテの童子が登場してきます。


この前シテを童子で演じる場合と喝食で演じる場合があり、白田村の前は喝食とどこかで聞いたような記憶があったのですが、今回は黒頭の童子。金春の白式では白の水衣で出ますが、萌黄の水衣に右手には箒を持った通常の形でした。ただし着付けは白地の箔でしたので常の形とはやはり印象が違いますね。


あまり重すぎず良い雰囲気。常座で一声「おのづから春の手向けとなりにけり地主の桜の花盛り」を謡いますが、この後のサシから下歌、上歌が省略されて、直ぐにワキの詞「いかにこれなる人に尋ね申すべきことの候」へとつながります。
小書のためでしょうが、短くなった分だけ緊張感が高まる感じがします。


シテはワキの問いに答えて清水寺の来歴を語ります。謡でない詞の部分は、上掛りと下掛りでは随分と詞章が異なっていて、これまた興味深いところ。


地謡が受けての謡のうちにシテが舞台を舞い巡る形ですが、中村さんのシテは初めて拝見しましたがスッキリとした印象で綺麗です。
ワキの問いかけで名所教えとなりますが、まずは笛柱を見込んで南に見える中山清閑寺を見る形。時々お邪魔しているブログ「サンダルウッドな胡椒」のSantalさんが書かれているように、観世と方角が逆なので観世流に親しんでいるといささか違和感がありますね。
ついでながら観世では「あれこそ歌の中山清閑寺」と言いますが、下掛りの本では「あれは清閑寺、歌の中山」と逆順になっているようです。


さらに前場のクセとなり、楊柳観音の霊験を巡って舞い、やがて雲扇から扇で戸を押し開く型をして田村堂に姿を消してしまいます。これで中入り
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/431-2b031e7c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。