FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣 霞留さらにつづき

クセは普通に舞われますが・・・もっとも喜多流の常のクセの型っていうのを知らないので、小書で変化しているのかどうか本当のところはわかりませんでした。が、ともかく可憐なクセの舞。


「南無帰命月天子」と扇を閉じて合掌する姿も良い感じです。地謡の「東遊びの舞の曲」の謡で合掌を直して常座へ進み序ノ舞に入りました。


霞留の小書では序ノ舞の三段目がすぐ破ノ舞になってしまいます。正直のところもう少し舞を見ていたいなあという感じがするのですが、ここを詰めてしまうのがこの小書の主張なのでしょうね。


この短い序ノ舞、破ノ舞のあとはキリの「東遊の数々に」で、常座から角へ向かい、今度は右へ回って「御願円満国土成就」と大小前から一度回って正面へ招き扇。「国土にこれを施し給う」と正先へ進んで扇を落とします。この小書特有の型らしいのですが、七宝充満の宝を降らすということなんでしょうね。


そのまま「時移って」と橋掛りへ向かい「浦風にたなびき」と一ノ松で見回す形。左へ回って「三保の松原」と二ノ松あたりへと、謡に合わせて舞い廻りながら幕に向かって少しずつ進んでいき「天津御空の」と袖をかづいて「霞にまぎれて」で幕に入ります。
地謡は最後の「失せにけり」を謡わず、ここは囃子だけになり、シテの進む姿を見計らって立ち上がったワキが留めの拍子を踏んで終曲となります。


正直のところ舞も短いし、なんだか物足りないような名残惜しいような感じがするのですが、むしろその気分を楽しめということなのかもしれませんね。
天女を見送った白竜のような気分になってしまいました。
(55分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/438-15ca7766

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。