FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

猩々乱 壺出 長島茂(喜多流自主公演能)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2007.4.22
 シテ 長島茂 ワキ 宝生欣哉
   大鼓 佃良勝、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 観世元伯、笛 一噌隆之


一日の能の会、三番の能が三番とも小書付きというのも、舞台ひらきの意味があるからでしょうか。
しかも三番目は猩々乱と、まさに祝言です。


壺出の小書がついていますが、乱には各流様々な小書があり、観世流と金剛流にはこの壺出に似た置壺という小書があります。いずれも最初に正先に作り物の大きな壺が出されて、柄杓で酒を汲むという型があります。


ただし観世、金剛の置壺では、ツレも出るため乱が相舞になるとか。このあたりは壺出とは違っています。


壺を出すという意味では宝生の小書である七人猩々が、宝生としては珍しい派手な小書で、壺が出るほかに、ツレの猩々が六人出て文字通り「七人」猩々となりますが、さすがに何年かに一度といった程度しか演じられませんね。残念ながらまだ観る機会がありません。


なにはともあれ目出度い能で、しかも一日の最後ということで楽しい気分になりました。
まずは後見が紫の布で覆って作った壺を持ち出してきます。
正先に壺が据え付けられると、名宣リ笛でワキが登場してきます。
宝生欣哉さんのワキですが、装束が金色を基調として目映いばかり。こんなのもあるんですねえ。
そのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

先日、「猩々乱」の喜多流の仕舞を拝見してとても感激いたしました。是非、一度、能も拝見したいと思っています。

コメントありがとう

各流それぞれに見せ場のある乱ですが、喜多の型はかなり下半身がしっかりしていないと舞えませんね。
ところで、先日、能楽藝話という本を読みました。この本、坂戸金剛家最後の当主であった金剛右京さんの語られた話を、三宅襄さんという方が聞き書きされたもの。
この中に乱広蓋之式という特殊な舞囃子の話が出てきます。長袴で演じられたようですが、もはやなさる方はいないのでしょうねえ・・・観てみたい感じはするのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/439-6ef3f6b3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。