FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

猩々乱 壺出のつづき

乱なのでワキは正中まで進んで名のります。
乱がつかない猩々の時は常座での名のりの形になるはずですが、乱でない猩々ってなかなか観る機会がありませんね。


もともと前後のある能だったのでしょうけれども、半能の形で演じられるのが基本形になってしまって前場が消失しているので、ワキは名のった後に気を変えて不思議な猩々の話に移ります。
「潯陽の江の辺にて・・・」と謡いますが、この最後で背中に差しておいた柄杓を取り出し、壺の口に置いてシテの出を待つ形になります。


シテの出の下り端の囃子、割合好きなんです。なんだか妖しいけれども剽軽な感じもします。大小が良かったですね。
さて地謡の「老いせぬや」の謡でシテが登場し、一ノ松あたりに留まります。
「御酒と聞く」とシテの謡い始めで扇を開き上げ扇の型。


実は良くお邪魔するブログ「週番日誌」を書いておられる佐藤先生も不思議に思われたようですが、この「御酒と聞く」までシテは扇を閉じたまま。・・・乱のときは扇を開いたまま登場する、と私も思い込んでいたので「?」というところでしたが、小書のせいなのか不明です。


乱は各流それぞれに型の違いもあり面白いのですが、喜多の型はかなり下半身の力を要する感じです。あれは修練を積まないと舞えませんね。
乱の中ノ舞から乱に入るところで壺に立ち寄り、左手で広げた扇に柄杓を取って酒を汲む型があります。波を蹴立てる足の型。橋掛りに入って一ノ松あたりで舞い、二ノ松から幕際まで橋掛りを使い切る形で舞った後、再び舞台に入って今度は爪先立ちで歩む型など、面白い型が続きます。
舞い上げた後キリの「汲めども尽きず」で再び壺に立ち寄って柄杓で酒を汲み、飲み干して「足下はよろよろと」舞い、「尽きせぬ宿こそめでたけれ」と留めになりました。
目出度い気分です。
(45分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/440-cde90d5a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。