FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蟻通さらにつづき

シテの謡を受けて地謡となり、シテはこの謡を聞きつつ正中へ出て下居。肩上げを下ろして居グセになります。


この曲、最初の場面設定からしてそうですが、ワキがかなり活躍します。
クセは通常、地謡が謡を進め、途中シテが上羽(アゲハ・・・クセの途中で上音で謡われる句。上端とも)を謡って地謡が続ける形になりますが、この曲ではワキが「かかる奇特に逢坂の」と謡って立ち上がり、正面に向き直って倒れている馬を引き立てる所作。馬が立ち上がったとして「誰か神慮のまことを仰がざるべき」と下居して平伏します。
なかなかのワキの見せ場です。


平伏から直ったワキはシテに向かって祝詞を上げるように求めます。
シテは立ち上がって常座へ向かい幣を受け取ると正中へ出て下居して答拝。「いでいで祝詞を申さんと」と謡い出します。囃子はノットへ。
このノット、何度も書いてますが好きなんです。さらにこの曲では途中から太鼓が入ります。キチンとしたリズムを刻むことは、この世ならぬものの到来を示すのだそうですが、蟻通の明神が現れたという設定なのでしょうね。


シテは立ち上がって立廻をみせ、さらに謡い舞いしますが「仮に姿を見ゆるぞとて」とワキを見込むと、さっと向きを替え後ろ向きに御幣を捨てて、すすっと歩を早めて一ノ松まで進み、そのままゆっくりと退場します。


これに代わってワキが立ちあがりユウケンをして、留めの拍子。
大変趣深く、味わいのある能でした。
脇能と解釈するとなると、ノットのところから蟻通明神が老宮守に降り、神となったということなのでしょう。またシテはあくまで宮守で、巻絹のように一時的に神が憑いたと見れば四番目ものということなのかもしれません。


余談ですが傘と松明。宝生は長柄の傘なんですね。観世では普通の傘をさしますが、長柄は宝生だけかもしれません。
松明については、先日、金剛右京さんの生前の言葉を三宅襄さんが聞き書きした「能楽藝話」という本を読んでいましたら、右京さんが松明を振っては傘が焼けてしまう。これは燈籠を持つべきとおっしゃっていたとか。今では金剛も松明を持って出るようですが。
(55分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/448-4c89732e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。