FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊成忠度 澤田宏司(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.5.19
 シテ 澤田宏司 ツレ 亀井雄二 辰巳和麿
  ワキ 安田登
   大鼓 佃良太郎、小鼓 鳥山直也
   笛 藤田太郎


忠度の後日談・・・みたいな曲で、シテはもちろん忠度ですが、その忠度を討ち取った岡部の六弥太がワキとして登場します。
案外面白い能だと思うのですが、修羅物としては清経、忠度、敦盛などと競べると少し上演も間遠かな、というところ。
五雲会では17年の2月に高橋憲正さんのシテで観ていますが、これでいよいよ憲正さんに惚れ込んだ一番です。


さて舞台はまず、ツレの俊成が従者を従えて登場してきます。
亀井さんの俊成は角帽子の沙門姿。俊成は忠度の都落ちの際には既に出家していたはずですから、僧形は当たり前の形なのでしょうけれども、観世流では風折烏帽子に大口、長絹の公達の姿で出る方が普通のように思います。


トモの辰巳さんは素袍上下の従者で登場し、俊成がワキ座に床几を置いて座し、トモが控える形です。


続いてワキ岡部の六弥太が登場してきます。
侍烏帽子に白の大口、掛直垂の姿で、背には短冊をつけた矢を負っています。
一ノ松まで進んで、ここで名のります。安田さん、大変貫禄があって舞台が締まる感じがしますね。
師の鏑木岑男さんの謡に衝撃を受けてワキ方になろうと思ったと自著には書いておられますが、その思いがあったからか、迫力のある謡です。
さてこのつづきは、また明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/453-d8fb17fd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。