FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊成忠度のつづき

六弥太は、西海の合戦で忠度を討ったが、その後、忠度の尻籠(シコ:葛藤のつるなどで編んだ矢を入れる道具)を見ると短冊があった。忠度は俊成卿と和歌の道で師弟でもあった由を聞いており、その短冊を俊成のお目に掛けようと、尋ねてきた訳です。


このあらましを一ノ松で述べた後、舞台に進み常座で案内を乞います。
案内にトモの従者が答え、ツレに取り次いで、俊成と六弥太の面談になります。


ワキは背に持った矢を取り出し、短冊の付いたままツレに差し出します。
ツレは矢を受け取り、短冊を見ると「旅宿の花」の題で「行き暮れて木の下蔭を宿とせば花や今宵の主ならまし」と歌が書き付けられています。
ツレが歌を詠み上げると、地謡がこれを受け、ワキが立ち上がって笛座前に着座します。
この地謡のうちに幕が開き、シテの忠度が登場して静かに橋掛りを進んできます。
梨打烏帽子に白大口、長絹の優美な姿。平家の公達、忠度らしい出で立ちです。


地の謡いっぱいに常座まで進みサシ謡。
ちょっと説明しにくいのですが、いささか弾むような印象のある謡。ツレとの掛け合いになります。


シテは、千載集に自分の歌を載せてくれたお気持ちは有り難いが、詠み人知らずと書かれているのが残念、と語ります。
シテ、ツレの歌を巡る問答から、地の上歌「さざ波や志賀の都は荒れにしを・・・」の謡で、シテは足拍子を踏み、角へ向かい、左の袖を返して左へ二、三足。
舞台を廻って常座に戻り「なにはのことも忠度なり。疑はせ給ふな」とワキ座を向いてヒラキます。


ワキの詞のうちに、シテは正中へ出て床几に腰を下ろします。
ツレは「凡そ歌には六義あり」を和歌の本義を謡いだし、シテ、地の掛け合いからクセに移っていきます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/454-d10f5f5f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。