FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤のつづき

道行に続いてワキの詞で越中の国くずみの郡氷見の里に着いたと述べられます。
例によって、ワキが多枯の浦(宝生ではこう書くのかも)の景色を見やりながら、古歌を詠じているとシテが呼び掛けで登場してきます。


常盤なる松の名たてにあやなくも、かかれる藤のさきて散るやと・・・と、これは金剛のときとと同じ歌ですね。「おのが波に同じ末葉の萎れけり、藤咲く多ゴ(ゴは示偏に古)の恨めし乃身ぞ」と観世の謡本にはありますが、これは観世だけなんですね。


さて歌を詠じたワキが「ふる事の思い出でられて候、あら面白や候」と語るうちに幕が上がりシテの呼び掛け。幕から出たシテは幕前で立ち止まり、正面を向いて「田子の浦や汀の藤のさきしより、うつろう波ぞ色に出でける」という古歌を謡います。これこれは金剛も観世も同じ歌をひきますね。


ワキとの問答のうちに舞台へ進み常座でワキを見る形から地の上歌になり、角へ出てワキを見込む感じ。ワキの方へ進みながら舞台を廻って正中から常座へと戻ります。
作り物の出ていた金剛の会では、角で花に向かって開く型があり「この花を心なく詠め給ふはうらめしや」の一句の「この花」に合わせた形でしょうか。
作り物が出ていないと、そのあとの「詠め給ふはうらめしや」とワキに焦点が当たってきますね。


シテは自らを「花人」と思し召せと言い、目付柱の方へ三、四足ほど出ると「かへさの雁の入る雲の」と目付柱の遠くを見やる風情。「松にかかれる」の地の謡で、正先にあるはずの松を見込む形。
そしてワキに向かってツメた後、静に中入りとなりました。
とても良い雰囲気だったのですが、笛に送られて静かに中入りする姿が良かったせいか、ここで拍手がパラパラと・・・やっぱり間違えたんですかねぇ、あれは。
明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/458-90ffbb51

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。