FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成上り 月崎晴夫(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2007.5.19
 シテ 月崎晴夫
  アド 石田幸雄 破石晋照


長裃の主が太郎冠者を連れて登場。
アドの主、石田さんが「今日は初寅ではないか」と言い、例年通り鞍馬に参詣することにします。
この曲、清水の縁日なので清水に参詣するという形もありまして、たしか以前に大藏で観た時は、そういう設定だったように記憶しています。


さてアドの主とシテの太郎冠者は「毎年参詣するのは目出度いことではないか」などと言いながら舞台を廻り、鞍馬にやってきます。
御前に参ろうと言って、拝をし両人は通夜をすることになり、それぞれにまどろみます。
アドの主はワキ座側にやや体を傾け寝た風。シテの太郎冠者は太刀を肩にし手を添えて寝入ります。


二人が寝入った風になると、アドのすっぱが登場してきます。
初寅とて参詣の人も多い中で「仕合わせをいたそうと存ずる」と堂々の宣言。
見れば太郎冠者が太刀を持って寝入っている様子。さっそくこれを狙って舞台に入り、太郎冠者に近づいて太刀を奪おうとします。


ところが良く寝入ったと見える太郎冠者ですが太刀にちゃんと手を掛けていて、たやすく奪うことができません。


思案したすっぱは竹を手に再び太郎冠者に近づき、太刀の代わりに竹を握らせてまんまと太刀を奪ってしまいます。
大藏流ではこのまますっぱは退場してしまいますが、ここは後見座にクツロギました。
すっぱの破石さん、万作一門の若手で舞台にも良く出ておられるようなのですが、私はこの日が初めて。なかなかに元気の良いすっぱでした。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/460-17059274

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。