FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋 橋憲正(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.5.19
 シテ 高橋憲正 ツレ 金森良充
  ワキ 大日向寛
   大鼓 飯島六之佐、小鼓 住駒充彦
   太鼓 助川治、笛 藤田次郎


いやもう高橋憲正さんの石橋というだけで盛り上がっての観能。
大鼓の飯島六之佐さんは東京ではほとんどお見かけしませんが、金沢在住の大鼓方。
金沢ご出身の高橋憲正さんのシテということでお出になったのでしょうか。なかなか良い感じの大鼓でしたが、その話はまたいずれ。


さてこの石橋。古くは獅子と言ったらしいのですが、一度廃絶した能で江戸時代初期、おそらく秀忠の頃に再興されたようです。
このためか、流儀によってかなり違いますし、小書も様々。
連獅子のように紅白二人で獅子を舞う形もあれば、四人出る形もあります。


観世流などでは半能の形で演じることが普通なので、私も能楽を観るようになってからも久しく前場を観たことがありませんでしたが、宝生流では前場はツレが出る形に整理されているので、半能にしない方が通常のようですね。
そんな訳で前場を観たのは宝生流のものが最初です。
そうそう、金春でも半能が普通の形なので前後を演じる時は丸能というのだと、宗家がご自身のブログに書いておられた話を、いつぞやこのブログでも書きましたが、石橋を巡る話は、各流にいろいろとあるようです。


この日はツレが金森良充さん。お若いシテにさらにお若いツレですが、なかなか良く演じておられたように感じました。
舞台の進行はまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/464-d32211e9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。