FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋のつづき

まずは後見が一畳台を持って出ます。
紅白の花を立てた一畳台を舞台正先に持ち出し、その後方、橋掛り寄りに、斜めにもう一台の一畳台を置いてワキの出となります。
宝生流は最初に一畳台を出しますが、他流で半能にしない場合は中入りで一畳台を出すのが普通の形のようですね。


ワキは大日向さん。一曲目の蟻通ではワキツレでご出演でしたが、さすが石橋のワキは大江の定基、出家して寂昭法師ということで沙門帽子に白大口、紫の水衣に掛絡をかけた高僧の姿。沙門帽子も銀の格調あるものでした。
大日向さんもかなり力が入った様子で、朗々と名のりました。


ワキの名宣リを受けて、ツレの出になります。
ツレとは言っても、前シテをツレの扱いにしているわけで相応の重さで登場することになります。
樵童の姿ですが、田村の前シテと似ていると言えば似てますね。


常座まで進み「松風の花を薪に吹き添へて」と一セイを謡います。ツレですが舞台へ入ると後見が二人とも出てきて後見座に着座。シテ同等の扱いということでしょうね。


サシから下歌、上歌と山路を進んできた心を謡い、ワキ正面の方を見やる形。
するとワキが立ち上がり声をかけます。
ワキはこれが清涼山の石橋かと問い、ツレはまさしくこれがかの石橋で、向は文殊の浄土と答えます。
ワキが早速に橋を渡ろうと二足ツメると、ツレは「暫く候」とワキを止め、この橋を渡るに古の高僧達は難行苦行、捨身の行にてここに月日を送ったもの。たやすく渡ろうとするのは危ういことだと語ります。


ツレ、ワキの問答がつづき、地の謡が受けて「上の空なる石の橋」とゆっくり謡い出します。宝生らしい重みのある謡。
「面は尺にも足らずして」とツレは面を使って見廻す感じから「下は泥梨も白波の」と遙か下を覗き込む形。舞台を左に回って常座に戻り、ワキに向かい合ったところから正中へ出て下居し、クリ、サシ、クセと進みます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/465-a458f6f5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。