FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋さらにつづき

クセは居グセ。重い謡で、途中「上には瀧の糸」の「上には」のところ。あるいは「例えば夕陽の雨の後に虹をなせる姿」の「虹」のところなど、ところどころかかった謡になり、メリハリがつきます。
いやが上にも緊張が高まってきます。


上げ羽の後「向は文殊の浄土にて」とツレが立ち上がり「夕日の雲に聞こえ」と笛座の方を見やる形から、来序で中入りとなります。


アイが出ないのも宝生独特の形で、来序から乱序へ切り替わります。
太鼓の助川さんが、ツレが幕に入るのを確かめるようにちらと見て乱序に。


この間に後見、寺井さんの指揮の下、一畳台の位置を若干手直し。微妙なところだと思うのですが、その微妙さが演技には影響大きいのでしょうね。


乱序に変わると直ぐに半幕になって、シテの下半身が見えます。「おおっ!」という期待感。
一度幕が下ろされた後、露の手から一気に幕が上がってシテの出になりました。


橋掛りを進み、欄干に足をかけての型。無駄のない動きです。
舞台に入って獅子になりますが、動きのキレの良さ、気迫など、何とも言えない充実感を感じました。
頭を振って面を上げた後、ふわっと赤頭が降りてくる様が獅子の雰囲気をさらに高めた感じ。


一畳台を飛び移り、白花に足をかけて静止したり、静と動が見事に切り替わって良い獅子を見せていただきました。最後は「獅子の座にこそ直りけれ」と飛び安座。残り留で囃子に合わせて留の拍子。最後まで堪能しました。
半年間楽しみしておりましたが、憲正さんのさらなるご活躍、お祈りしております。
(55分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/466-0bc15840

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。