FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

加茂 武田孝史(宝生会月並能)

宝生流 宝生能楽堂 2007.6.10
 シテ 武田孝史、ツレ 野月聡 小林晋也
  ワキ 森常好、アイ 吉住講
   大鼓 亀井広忠、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 金春國和、笛 一噌幸弘


宝生は加茂ですが、他流では賀茂。
賀茂神社というのは、上賀茂神社と下鴨神社をまとめていう言い方ですが、その賀茂神社の縁起をもとに作られた脇能の一曲。金春禅竹の作と言われていますが、なるほどそれらしい雰囲気の曲です。
金春禅鳳の曲とされる嵐山とも似た構成になっていて、同じ脇能でも高砂や弓八幡などのグループとは一線を画します。


前シテと後シテが別な人格であることも共通しています。
この加茂では前シテは里女ですが、実は御祖神である秦の氏女。ところが後場ではその天女姿の御祖神はツレとして登場し、シテは別雷神となります。
嵐山も前シテ・前ツレの老夫婦は実は木守・勝手の明神ですが、後場では木守・勝手はツレで登場し、シテは蔵王権現になりますね。


上賀茂神社は賀茂別雷神社(カモワケイカヅチジンジャ)で、祭神は賀茂別雷命。一方の下鴨神社は賀茂御祖神社(カモミオヤジンジャ)で賀茂別雷命の母の玉依姫命および玉依姫命の父の賀茂建角身命をお祀りしていることから御祖といわれるわけですね。


ところでちょっと不思議なのは、神社の縁起では玉依姫命が白羽の矢によって身籠もって生まれた子供が別雷神。上賀茂神社の祭神である賀茂別雷命ですが、謡本を読む限りでは白羽の矢こそが別雷神で、その子を生んだ秦の氏女とその子も神となったという次第。
このあたりの微妙な違いはどうしてなんでしょうね。


余談ですが、なんでも日本サッカー協会のシンボルマークにもなっている八咫烏(ヤタガラス)は下賀茂神社の祭神である賀茂建角身命の化身なんだそうです。


前置きだけで一日分になってしまいましたので、能の次第はまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/467-6f84d20c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。